top of page

【勉強会】KALON定期勉強会を実施しました!!(1月)



こんにちは!

パーソナルジムKALONオーナーのTakumiです。


今回は、

KALONにて定期的に福岡県内で活動するパーソナルトレーナーを集めて

勉強会を実施しております!!


1月のテーマは、

「女性クライアントに対する栄養指導」でした✨


現在、KALONの会員様も半数以上は女性の会員様です。

その中で、ボディメイクやダイエットを始めると、

栄養バランスの崩れなどから女性特有の悩みが出てきます。


そのようなクライアントに対する的確な食事指導のアプローチができるように、

最新のエビデンスを基にしたアップデートを行いました。


少しだけ、その内容を共有したいと思いますので、是非ご覧下さい!


 

  女性はダイエット時、低糖質状態に陥りやすい


・最近のダイエットに関する情報は、SNSの普及に伴い偏った認識が多いです。

ここでは、低糖質ダイエットについてお話しします。

低糖質ダイエットの捉え方は、


〇 GI値の低い血糖コントロールに効果的な糖質を摂取する

✖  糖質の摂取量を下げる (低糖質)


そもそも、この捉え方から間違っており、

低糖質と聞くと糖質量を制限する後者の考え方をイメージする方が多いでしょう。


そもそもの糖質量を制限すると身体の中でどのような現象が起こるのでしょうか?

簡単に解説していきます。


人間がエネルギーを生成する為に必要な3大栄養素が

「糖質・脂質・タンパク質」です。

その中でも、糖質は人間が活動するために最も必要とされるエネルギー源です。

その糖質を制限すると、

低血糖・低栄養状態に陥ります。


この状態が続くと、

糖質不足による慢性疲労・鉄欠乏性貧血の症状が発生します。


鉄欠乏性貧血は、

甲状腺機能の低下や女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の

過剰分泌等を引き起こします。


また、この女性ホルモンの過剰分泌は、

①PMS(月経前症候群)の悪化

②がん細胞の増殖

に繋がると言われています。


このような甲状腺機能は、

体脂肪を燃やすために必要なホルモンでもあるので、

代謝機能の亢進、体脂肪燃焼の非効率化に繋がり、

結果的にダイエットがうまくいかないという訳です。


過度な糖質制限がこれだけ身体に悪影響を及ばすことに驚きですよね!?


これこそ、

糖質制限による悪循環に直結するロジックです。


 

まとめ


結論です。

女性のみなさまに意識して欲しいことは以下の3点です。


① 身体を構成する為に必要な3大栄養素を適切な量でバランスよく摂取する

(ビタミン・ミネラルも含む)


② 炭水化物(糖質・食物繊維)をきちんと摂取し、制限しない


③ 健康的な運動習慣を身に付ける


3つ目の運動習慣に関しては、継続が難しいという方もいると思います。

パーソナルジムKALONでは、

この上記3つ全てに対して、的確かつ一人一人の生活スタイルに沿った

個別プログラムをデザインしております!!


正しい情報に基づいた、継続できるボディメイクをしていきたいと思う方は、

パーソナルジムKALONにて、ご来店お待ちしております!!


📍福岡県那珂川市片縄8丁目120

📱090-2857-8124


#パーソナルジム

#福岡

#那珂川

#春日

#大野城

#筑紫野

#大橋

#南区

#トレーニング

#トレーナー

#ボディメイク

#NSCA

#筋トレ

#筋トレ男子

#筋トレ女子

#ダイエット

#フィットネス

#ベストボディジャパン

#桃尻

#くびれ

#オープン

#取材

#メディア

#大募集
























閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page